1/700 艦船模型大好き!! 全艦制覇目標@@ 

Facebook Twitter Gplus E-mail RSS

1/72 パンツァーフェリー 水陸両用車

パンツァーフェリー 装甲水陸両用牽引車 (LWS) 試作1号車
試作2号車と共に艀を構成して、車両を対岸に運搬することを目的として構想された補助車両である。
パンツァーフェリーは、1936年に水陸両用車両としてドイツで考案されまた。
この水陸両用車両は生産数が少ないが構築され、東部戦線へ実戦投入された。
パンツァーIV Ausf.Fタンクのシャーシに基づいて設計された。
Panzerfahreの開発は、1941年初頭に始まった、1942半ばに MAGIRUSによって2つのプロトタイプを完成させた。
軽装甲で、ボートのような船首と船尾にプロペラを持っていた。
車両の主な機能は、土地に、水中での戦闘を供給した。
しかし、戦争後期に入って大型車両が実戦投入され始めると、その役目は重要性を失い、量産に入ることは結局無かった。
(作者コメントにつきWikiからの引用ではなし)

Wikiより GFDL上の著作権表示
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.

性能諸元:
分類:戦闘車両
クラス:補助車両 水陸両用車両
型番:-
運用開始:1942
型式:PZF (Panzerfahre)
名称:パンツァーフェリー (Panzerfahre)
由来:-
全長:-m 全幅:-m 全高:-m 重量:-t
兵装:

主砲
前面機銃
側面機銃
旋回砲塔部副兵装
補助武装1
補助武装2

乗員:-人 (-)
エンジン:-
最高速度:-
航続距離:- -ℓ
旋回角:-
通称:パンツァーフェリー (Panzerfahre)

補足情報:

派生型:

考証:

別仕様:

使用部品:
ドラゴン製 1/72 パンツァーフェリー 装甲水陸両用牽引車 (LWS) 試作1号車

製作記: 最新更新へ

製品所在:
2013年8月7日 完成

あとがき:

編集 鴣囃子裕二@軍艦堂 トップへ

COMPLETE PICTURES

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
Home 水陸両用車 1/72 パンツァーフェリー 水陸両用車