駆逐艦

IJN Minekaze Class DD Minekaze

峯風型駆逐艦(みねかぜがたくちくかん)は、八四、八六艦隊計画に基づいて、1917年(大正6年)から1917年(大正7年)にかけて15隻が建造された日本海軍の大型駆逐艦。大正7年度計画艦のうち、第13番艦以降の最後の3隻は兵装の配置を変更したため、非公式に「野風型」或いは「峯風改型」と呼ばれる事もある。一番艦の就役開始は1920年(大正9年)3月16日、最後の艦の退役完了は1947年(昭和22年)。
日本の天城型巡洋戦艦や米国のレキシントン級巡洋戦艦など、30ノットを超える速力を持つ巡洋戦艦の出現に対応して、38,500馬力のオール・ギヤードタービンを搭載して39ノットの高速を発揮している。これまで日本の駆逐艦は英国の駆逐艦の設計をモデルに改良を重ねてきたが、凌波性の向上のため、同時期に計画された中型駆逐艦樅型と同様、艦首楼甲板を艦橋の直前でカットしてウエルデッキを設けて甲板を乗り越えた海水を受け止めるとともに、艦橋を極力船体中央部に移動する事で波浪の直撃を避けるというかなり思い切った設計変更を行った。この方式は第一次世界大戦前のドイツ海軍が水雷艇に好んで採用した方式である。また、同時期に計画された戦艦や巡洋艦と同様、艦首にスプーンバウを採用して秘密兵器たる1号機雷の使用を考慮している。
主機はパーソンズ式インパルス・リアクション・ギアード・タービンを搭載した。しかし竣工から故障が多くその後の国産タービン(艦本式タービン)開発の契機となった。
これまでの駆逐艦と比べて凌波性がかなり改善されたといえるが、それでも用兵側の満足に達せず、14ノットで3,600浬と言う航続力も更に延伸する事を望まれたが、航洋駆逐艦としてようやく実用に足る性能をもった艦形であると言える。
用兵側の満足に達する凌波性を達成するには後の特型駆逐艦まで、航続力を達成するには無条約時代の甲型駆逐艦まで待たなければならなかった。
改良型である神風型や睦月型とともに昭和初期まで水雷戦隊の主力を担っていたが、特型駆逐艦の充実と艦の老朽化に伴って徐々に除籍または他艦種への類別変更を行い、太平洋戦争に駆逐艦として参加した艦も大半が後方での船団護衛任務や、空母部隊の随伴艦として訓練時の事故救難任務に当たっている。峯風自体は舞鶴海軍工廠で建造。一等駆逐艦に類別され、横須賀鎮守府籍に編入。
1944年(昭和19年)2月1日、第1海上護衛隊に編入され、2月5日に門司港を出港し、高雄まで船団護衛任務に就いたが、2月10日、米潜水艦「ポーギー」の雷撃により台湾沖にて戦没した。

Wikiより GFDL上の著作権表示
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.

性能諸元:
分類:駆逐艦
クラス:一等駆逐艦
艦番:1917計画第1号
起工:1918年起工 竣工:1920年竣工
型式:峯風型 艦番:1番艦
艦名:峯風 初代峯風
由来:気象 山の峰を吹き渡る風。
諸元:基準排水量:1,215トン 満載排水量:トン 公試排水量:1,345トン
全長:102.6m 全幅:8.92m
兵装:

竣工時戦没時(同級他艦参考)
45口径12cm単装砲×445口径12cm単装砲×2(1,3番)
6.5mm単装機銃×2撤去
25mm連装機銃×4
25mm単装機銃×4
53.3cm連装魚雷発射管×353.3cm連装魚雷発射管×1(2番)
1号機雷×16撤去
爆雷×36

搭載機:なし
信号符字 Juliet – Xray – Alpha – Alpha
J X A A

補足情報:

同型船:
峯風 (峯風) 1920年竣工 (舞鶴工廠) 1944年台湾沖にて雷撃により戦没。
澤風(さはかぜ)1920年竣工(三菱長崎)大戦中は船団護衛従事。残存。小名浜港で防波堤に。
沖風(おきかぜ)1920年竣工(舞鶴工廠)大戦中は船団護衛従事。1943年雷撃により勝浦にて戦没。
島風(しまかぜ)1920年竣工(舞鶴工廠)1940年第一号哨戒艇へ。1943年カビエン沖にて戦没。
灘風(なだかぜ)1921年竣工(舞鶴工廠)1940年第二号哨戒艇へ。1945年ジャワ海にて戦没。
矢風(やかぜ)1920年竣工(三菱長崎)1942年標的艦に改装。同年特務艦に変更。残存。
羽風(はかぜ)1920年竣工(三菱長崎)1943年雷撃によりカビエン沖にて戦没。
汐風(しほかぜ)1921年竣工(舞鶴工廠)残存。小名浜港で堤防に。
秋風(あきかぜ)1921年竣工(三菱長崎)1944年南シナ海にて戦没。
夕風(ゆふかぜ)1921年竣工(三菱長崎)残存。1947年賠償艦として英国へ。
太刀風(たちかぜ)1921年竣工(舞鶴工廠)1944年トラック島沖にて戦没。
帆風(ほかぜ)1921年竣工(舞鶴工廠)1944年雷撃によりサンギ島にて戦没。
野風(のかぜ)1922年竣工(舞鶴工廠)1945年東シナ海にて戦没。
波風(なみかぜ)1922年竣工(舞鶴工廠)残存。1947年賠償艦として中華民国に。
沼風(ぬまかぜ)1922年竣工(舞鶴工廠)1943年沖縄にて戦没。

考証:

使用部品:
ピットロード製キット スカイウェーブシリーズW13
ピットロード製睦月神風峯風型用エッチング PE-161
0.3mm真鍮線
0.5mm真鍮線
電線ほぐし線
KAモデル製チェーン手摺 MS-70002
ジョーワールド製ジャッキステー JPE38
金属テグス0.15号

製作年月:
2010年6月

編集 鴣囃子裕二@軍艦堂 トップへ

1939

About Yujers

現在、新規工廠地探し中!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください