戦闘機

USN Grumman F6F-5 Hellcat

KIT : 1/48 HASEGAWA F6F-5 HELL CAT 64715 

F6F-5 
F6F ヘルキャット(Grumman F6F Hellcat)は、アメリカ合衆国のグラマン社が開発しアメリカ海軍が第二次世界大戦中盤以降に使用した艦上戦闘機である。愛称の「ヘルキャット(Hellcat)」は、直訳すれば「地獄の猫」であるが、スラングでは「性悪女」や「意地の悪い女」の意味も持つ。
アメリカ海軍の本命は1940年に初飛行したF4Uであったが、実際には開発時期が遅いこちらが艦上戦闘機の主力となった。
グラマン社によりアメリカ海軍の主力艦上戦闘機となったF4Fの後継機として開発された。開発は1938年3月から開始された。開発当初の社内名称はG-35であり、ライト R-2600(1,600馬力)エンジンを搭載する計画であった。
1940年にはF4Uが初飛行しており、良好な飛行性能を披露していた。アメリカ海軍はそれぞれエンジンの異なる試作機の製造を要求し、G-35を拡大し、P&W R-2800(2,000馬力)エンジンを搭載するG-50を開発することとなった。元は複葉機として設計を開始したF4Fが主脚を胴体格納式とした(複葉機時代から引き込み脚を採用したグラマンの伝統)のと異なり、最初から単葉機として設計された本機は、F4Fの流れを汲む機体であるものの、主脚が一般的な単葉機同様の翼内格納式となった。このG-50は、1941年6月30日にXF6F-3として試作機が製造された。
太平洋戦争の開戦に伴い、1942年1月7日には、試作機が完成していないにもかかわらず、1,080機の量産契約が結ばれた。R-2600 サイクロンを搭載したXF6F-1の初飛行は1942年6月26日のことで、R-2800 ダブルワスプを搭載したXF6F-3の初飛行は7月30日である。
XF6F-3は8月17日にエンジンの故障により墜落したため、XF6F-1のエンジンをR-2800 ダブルワスプに換装して実用化の試験に使用した。急降下時に機体後部でフラッターが生じたが、構造を強化することで解決された。P&W R-2800-10とブローニング M2 12.7mm 機関銃6挺を搭載してF6F-3 ヘルキャットとして量産が開始され、この初量産型F6F-3は1942年10月3日に初飛行した。しかし、この機体も後に発動機P&WR-2800-10Wに換装した。そして、F6F-3後期型のカウリング、エルロン、風防、尾部を若干設計変更し、防弾装備のより強化されたものがF6F-5である。
XF6F-2とXF6F-4では、それぞれターボチャージャーを搭載し高空性能を向上させた試作機も製造されたが、速度の向上を重要視したアメリカ海軍には評価されなかった。

Wikiより GFDL上の著作権表示
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.

SPECIFICATIONS :
ROLE : FIGHTER
CODE : F6F
NAME : HELLCAT
FIRST FLIGHT : 1942 (PROTOTYPE)
MANUFACTURER : GRUMMAN
LENGTH : 10.24m WINGSPAN : 13.06m HEIGHT : 4.39m EMPTY WEIGHT : 4,190kg
ARMAMENT :

NOSE
INSIDE WING 6×M2 BROWNING MG
BEHIND
SIDE
BODYMAX 910kg OR TORPEDO
UNDER WING MAX 450kg OR 6×UNGUIDED ROCKET

CREW : 1
ENGINE : Pratt & Whitney R-2800-10W Double Wasp 18-cylinder engine 2,200hp
MAX SPEED : 629km/h
FERRY RANGE : 1,750km (w/TANK)
SERVICE CEILING :10,272m

補足情報:

派生型:
F6F-5
改良量産型。7,868機製造。P&W R-2800-10W(水噴射装置付 2,200馬力)エンジン搭載。キャノピーをはじめとした機体形状の改良が施された。

考証:
松本零士「復讐を埋めた山」登場のライカード乗機のF6F-5再現機です。

使用部品:
1/48 ハセガワ製 F6F-5 HELLCAT 復讐を埋めた山 64715
1/48 ハセガワ製 F6F-5 VF-17 ジョリーロジャース JT35 (代替品)
軍艦堂 F6F-5 マスキングセット GK48077
ニッケルチタン線ストレッチ線
真鍮線0.2mm, 0.3mm, 0.5mm
その他汎用エッチングパーツ
特色:
機体内部 C351 FS34151ジンククロメイトタイプI
国籍マーク、マーキング C62つや消しホワイト
国籍マーク C322フタロシアニンブルー
マットコートを施すため光沢塗料は光沢のまま使用

製作年月:
2020年5月 製作 18K

編集 鴣囃子裕二@軍艦堂 トップへ

アメリカ海軍 ライカード乗機

About Yujers

現在、新規工廠地探し中!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください