1/700 艦船模型大好き!! 全艦制覇目標@@ 

Facebook Twitter Gplus E-mail RSS

1/700 航空母艦 ホーネット 1942

ホーネット (USS Hornet, CV-8) は、アメリカ海軍の航空母艦。
ヨークタウン級航空母艦の3番艦。
アメリカ海軍においてホーネットの名を受け継いだ艦としては七隻目にあたる。
ミッドウェー海戦に繋がるドーリットル空襲を行ったドーリットル隊の母艦として有名である。
1942年10月、南太平洋海戦にて沈没した。
1942年に入って間もなく、ホーネットの13ミリ機銃は全て20ミリ機銃に交換された。
1942年4月2日、陸軍航空隊員にその命令を秘密にしたままサンフランシスコを出航した。その日の午後、ミッチャー艦長は全乗組員に使命である「日本本土空襲」を通知した。 ホーネットの艦内は大いに沸き立った。
ドーリットル中佐率いる爆撃隊は、4月18日夕刻に予定発艦位置から発進し東京を始めとする日本の主要都市を夜間攻撃する予定であった。
最後尾の B-25 は扇形に搭載され、飛行甲板の傾斜部分にあったためチェーンで固定されていた。繰り上げられた発艦命令が出ると、ホーネットは針路を変えて準備に入った。7時20分、ドーリットル機を手始めとして、8時20分までに日本の心臓部へ初の空襲を行う部隊として16機の B-25 は全て発艦した。
発進してからちょうど一週間後の4月25日朝、ホーネットは真珠湾に帰投した。
6月5日、三脚マストの上にCXAMレーダーを設置し、従来この位置にあったSCレーダーはメインマストに移動した。また、艦首部をはじめとして20ミリ機銃が30基から32基増設され、格納庫甲板に設置されていたカタパルトは撤去された。
10月26日の南太平洋海戦当日。エンタープライズがスコールの中に逃げ込んだので、ホーネットのみが打ちのめされる形となった。第1次攻撃隊の攻撃により、ホーネットは艦内の動力を失い航行不能となり、火災を発生させた。駆逐艦モリス、ラッセル、マスティンによる支援も受けて消火には成功したが、依然航行不能であり重巡洋艦ノーザンプトンが曳航を試みたが、曳航索が切れた。
アメリカ軍はホーネットの放棄を決定し、駆逐艦マスティン(英語版) (USS Mustin, DD-413) およびアンダーソン (DD-411)(英語版) (USS Anderson, DD-411) に処分を命じた。
第一〇駆逐隊の駆逐艦秋雲と巻雲は本隊から分離し、速力を上げて海上に漂うホーネットに向かった。
やがて、炎上し漂流中のホーネットを発見。ホーネットはいたるところから火を噴き、艦首からは曳航されていたことを物語るロープが数本垂れ下がっていた。
秋雲は12.7センチ砲24発をホーネットに撃ち込んだがホーネットは微動だにせず、爆雷での処分も検討されたが、爆雷の射程が短く断念された。
結局、魚雷で処分することとなり、秋雲と巻雲からそれぞれ2本ずつ発射され、3本が命中した。この後、秋雲ではホーネットの断末魔を記録すべく、絵の上手な信号員に炎上中のホーネットを描くよう命じた。
艦長はスケッチの助けにしてやろうと、ホーネットに向けて何度もサーチライトを照射した。スケッチが終わり、やがてホーネットの火災は艦全体に広がった。
秋雲と巻雲が見守る中、ホーネットは10月27日午前1時35分、サンタクルーズ諸島沖に沈んでいった。
就役からわずか1年と7日という短いものであった(除籍は1943年1月13日)。なお、日本側は連合艦隊司令部からの命令に従ってホーネットの拿捕曳航を行おうとしたが最終的に断念している。
ホーネットは第二次世界大戦中の戦功で四つの従軍星章を受章した。この艦の喪失をアメリカ海軍は、日本軍に活動できる空母が1隻と成ることを知らせないために秘匿しようとしたが、11月の大統領選挙を控えたルーズベルト大統領が「悪いニュースを握りつぶした」との評判を避けるため早々に発表してしまい海軍司令部は「敵に内情が筒抜けになった」と動揺した。

Wikiより GFDL上の著作権表示
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.

性能諸元:
分類:航空母艦 クラス:航空母艦
艦番:CV-8
起工:1939年起工 竣工:1941年竣工
型式:ヨークタウン級 艦番:3番艦
艦名:ホーネット 7代ホーネット
由来:生物 スズメバチの英名に因む。
諸元:基準排水量:19,800トン 満載排水量:トン 公試排水量:トン
全長:246.82704m 全幅:43.8912m
兵装:

竣工時 東京レイド時 1942 Apr.
5″単装個高角砲×8 5″単装個高角砲×8
1.1″4連装対空機銃×4 1.1″4連装対空機銃×4
13mm単装対空機銃×24 撤去
40口径12.7センチ連装高角砲×4
53cm魚雷発射管×8 撤去
20mm単装対空機銃×30

搭載機:90機 (B-25ではない)
信号符字:Aipha – Alpha – Alpha – Alpha なし、または調査中 ご存じの方は情報をお寄せ下さい。

A A A A

補足情報:

同型船:
ヨークタウン (Yorktown CV-5) 1937年竣工 (NPNWS造船所) 1942年 ミッドウェー海戦にて戦没
エンタープライズ (Enterprise CV-6) 1938年竣工 (ニューポートニューズ造船所) 残存 1947年退役
ホーネット (Hornet CV-8) 1941年竣工 (ニューポートニューズ造船所) 1942年南太平洋海戦にて戦没

考証:

使用部品:
タミヤ製 ホーネット
フライホーク製 アメリカ海軍用手摺
ドラゴン製 サンディエゴ (一部兵装部品のみ使用)
レインボーモデル製 5″金属砲身
フライホーク製 アメリカ海軍水密ドア
フライホーク製 弾薬箱 Mk51 セット
フライホーク製 ラッタル サーチライト
フライホーク製 アメリカ軍 レーダーセット
海魂製 プロペラガード 横桁セット (横桁のみ使用一部加工)
レインボーモデル製 艤装品セット (一部使用)
海魂製 双眼鏡
金属線 0.2mm 0.3mm
ハセガワ製 艦載機エッチングセット 3S-56 (車輪のみ使用)
複数社製 艦載機用三翅プロペラ
フライホーク製 アメリカ海軍艦載機セット SBD部品使用
レインボー製 火器管制セット (加工使用)
その他アンテナなど他艦部品流用 (手摺、梯子など、一部加工改造あり)
フライホーク製 20mm機銃セット

使用塗料:
FS36270
マットブラック
インターミディエートブルー(通称ミディアムブルー)
マホガニー
タン
マットホワイト(ベース色FS17875)
デッキブルー(インターミディエートブルー45%+ネイビーブルー45%+赤5%+黒5%にて調色)
ネイビーブルー

製作記: 最新更新へ

hornet001
私の支援者の方のおじいさんは、秋雲の乗員で、実際この艦を沈めた際、現場にいました。なんだか、遠い世界のような気がしてましたが、実際にこの艦を肉眼で見てるんですよね(*´ェ`*)

 

 

 

 

 

hornet002
でも、今回は東京レイドです。この艦の定番ですかね?ただ、活動期間が短いので、そうなるんでしょうけど。実際の再現は上記写真の通りです。なんか、その時の風景が見えてきそうです。

 

 

 

 

 

hornet003
キットはタミヤ製ですが、これって確か、70年代の金型のままのハズなので、考証と、製品の状態を(生産が70年代って訳では無く、金型劣化の事です)チェックしつつ製作して行きます。

 

 

 

 

 

hornet004
先日、いらっしゃった方が、「フジミはできすぎててつつき甲斐なく面白くないですね」って言われてましたが、その、つつき甲斐のあるキットがこういうものを指すのでしょうね。確かに楽しいです。

 

 

 

 

 

hornet005
そうこうしている間に、艦首甲板まで来てしまいました。前回ヨークタウン(この級の)製作していますので、共通部分が多いので、進捗はスムーズです。しかし、理に適った構造です。

 

 

 

 

 

hornet006
艦尾です。ここでは最下部に手摺を配置することはしません。取付け後、隙間パテ修正>手摺となるため、実際の取付位置は、この面ではなく、実際は船体殻になるためです。

 

 

 

 

 

hornet007
艦橋です。ベースは “FS36270” で、迷彩部分はミディアムブルーを使用しました。迷彩は、よく雑誌で、わざわざ液体マスキングを用いているケースが紹介されますが、リターダーと手塗りできちんと塗装可能です。(コレ)

 

 

 

 

 

hornet008
船体の加工です。今気づきましたが、船体にマスキングして鋼板継ぎ目を再現する作業を端折ってしまいました(;´Д`)これも縦目は不要です。エッチング等は専用品がないため、全て、汎用品を使用します。

 

 

 

 

 

hornet009
船体左舷後半作業です。ここも、前部同様となります。実際の仕様と若干形状が異なる部分がありますが、そこはエッチングで補完などして対応します。上部の構造物に手摺は、甲板が来たときに干渉しないか注意が必要です。

 

 

 

 

 

hornet010
係船桁を設置します。同様に乗員搭乗用のハッチ、そこまでのハンギングラダーも同様に設置します。細かなことですが、キットのままだと、少々貧粗なので、やはり手を加えたいところになります。

 

 

 

 

 

hornet011
前述の艦尾はこういう状態になります。写真から艦尾にフェアリーダーが見て取れますので、再現しますが、手摺を外舷ぎりぎりに設置すると置けなくなるので、多少内側をはわせるといいかもです。

 

 

 

 

hornet012
船体艦尾側の加工です。ここにあるクレーンは実際こういう形状なので、あえてエッチングを使用しなくてもフックさえ準備できればOKです。再現する場合は確か、アメリカ製のエッチングであったはずです。

 

 

 

 

 

hornet013
艦尾近くに見える、筏(ゴムボートではありません)は設置固定用の囲いをエッチングで再現してみました。前にも書きましたが、この筏の周囲には乗れない人用のしがみつけるロープが設置されていました。

 

 

 

 

 

hornet014
甲板の塗装はデッキブルーを(独自調色)塗装して、B-25用の左舷にずれた2本のラインをマスキング後、吹いてやります。下地の木を浮き出させる手法もありますが、米艦戦はそこまで汚くならないのでお好みで。

 

 

 

 

 

hornet015
白線は薄吹きで、はっきりした白線にならない方が、いい感じに見えます。この後、甲板周囲の武装、手摺などを設置して行きます。床面はデッキブルーなので、武装は、予め塗装後、設置するようにします。

 

 

 

 

 

hornet016
甲板の周囲にあるブルワーク群、環境周囲の張出し構造部分を取付け、船体と甲板を取付けます。事前に摺り合わせしていても、ブルワーク群が干渉する箇所がありました。固定はクランプで。

 

 

 

 

 

hornet017
乾燥中に艦載機にもそろそろ着手です。B-25 16機と、SBDを4機準備しました。 SBDは既にエッチング取付け後です。ちなみに写真の再現ですが、B-25発艦準備前にはSBDはありませんので、お好みです。

 

 

 

 

 

hornet018
B-25は両プロペラ、前脚、主脚です。ヘッドアップになっていますが、重心が後ろにあるためです。固定するので、問題ないです。B-25あと3ユニット繰り返し。(; ・`д・´)

 

 

 

 

 

hornet019
細かな部分の製作を進めておきました。今回は短艇のうち、カッターはマホガニーにしました。士官用のものは従来通りタンです。環境周囲の構造物は、写真を参考に艦橋と同様の塗装としました。

 

 

 

 

 

hornet020
1942年に撮影されたカラー写真は、なんか、船体色がFS36270に見えるのですが・光かなぁ。で、ブルー系としました。多分こっちが正解だとおもいます。(他の写真から判断)迷彩、まだです!

 

 

 

 

 

hornet021
艦載機、完成です。シミュレーションで配置してみました。船体は、写真のように、右舷後部から、手摺などの細かな部品を取り付けて行ってます。20mm機銃は後程、一括取り付けします。

 

 

 

 

 

hornet022
右舷の手摺などの取付が終わりました。段差の部分はそのサイズにカットして取付け、最上段を傾斜でとなりに渡す方法をとりました。残るはラッタルと20mm単装機銃で完成です。

 

 

 

 

 

hornet023
左舷も同様作業です。途中にあるスポンソンが長い長い(笑)、まるまる新しいエッチング切り出して対応しました。20mm機銃は水面下でちまちま作ってました。でも@19丁!(; ・`д・´)

 

 

 

 

 

hornet024
その20mm機銃です。ラッタルはこのサイズ(スポンソンの高低差程度の行き来用)はないので、下を詰めて長さ調整をしました。ラッタルはUSN用です。20mm機銃は2種盾付で準備しました。

 

 

 

 

 

hornet025
船体最後に艦橋を取付けて構造上は完成です。このあと、波模様の迷彩を行って行きます。範囲が広いのでゴム系マスキングを用います。実艦写真を元になるべく近い形状にマスクします。

 

 

 

 

 

hornet026
マスクが完了したら、船体下部色を塗装します。今回はネービーブルーを使用して塗装しました。他だとミッドナイトブルーやシーブルーが近似色です。今回のマスクはマスキングゾルNEOでした。

 

 

 

 

 

hornet027
塗装完成です。ウェザリングは、ブラウン系と、ジャーマングレー+マットブラックを混色した物、甲板上は一部、ブルー系の3色でウォッシング、このあと、錆を書き込み、拭き取ります。

 

 

 

 

 

hornet028
ウェザリングが完了したら、トップコートを施します。トップコートはタミヤの水性アクリルのクリアマットを使用しています。コレを使用すると、缶コートにありがちな手摺ダマが出ません。

 

 

 

 

 

hornet029
最後に艦載機の塗装配置です。タイトル写真にある配置にする予定です。発進前の最後部が斜めや、発進前の全機斜めはよくありますが、これは見たこと無いので、これにします。(; ・`д・´)

 

 

 

 

 

hornet030
艦載機を載せて完成です。張り線はモデルカステンのメタルリギング、信号旗ロープはエッチング使用です。艦橋部に多少追加工作を行いました。2012年12月26日完成

 

 

 

 

 

現在、ヤフオクアカウントをお持ちでない方向けに、ローカルオファーを受け付けております。ご希望の方はトップページから、ご一報下さいませ。(受付終了)
製品所在:
2012年11月23日 軍艦堂第6渠にて起工
2012年12月26日 軍艦堂西大井工廠にて竣工
2012年12月28日 ローカルオファーによりイギリス在住のコレクター様へ売却
あとがき:

編集 鴣囃子裕二(タヌポンの工廠長)@軍艦堂 トップへ

COMPLETE PICTURES

コメントを残す

 
Home 航空母艦 1/700 航空母艦 ホーネット 1942