局地戦闘機 戦闘機

IJN/A Mitsubishi J8M/Ki200

KIT : 1/48 FINEMOLDS IJN INTERCEPTER MITSUBISHI J8M “SHUSUI” FB19

秋水(しゅうすい)は、太平洋戦争中に日本陸軍と日本海軍が共同で開発を進めたロケット局地戦闘機である。ドイツ空軍のメッサーシュミット Me163の資料を基に設計を始めたが、試作機で終わった。
正式名称は試製秋水。海軍の略符号はJ8M、陸軍のキ番号はキ200である。「十九試局地戦闘機」と称されることもあるが、1943年(昭和18年)の兵器名称付与標準の改訂に伴い、1944年(昭和19年)には年式を冠称した機体開発は行われなくなっていた。計画初期には「Me163」の名で呼ばれていた。
秋水の名称は、岡野勝敏海軍少尉の『秋水(利剣)三尺露を払う』という短歌に由来する。1944年12月、飛行試験成功後の搭乗員・開発者交えた宴会で横須賀海軍航空隊百里派遣隊から短歌が提出され、満場一致で「Me163」から変更された。この名称は陸軍、海軍の戦闘機の命名規則には沿っていない(軍用機の命名規則を参照)。

Wikiより GFDL上の著作権表示
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.

性能諸元:
分類:局地戦闘機
機体略号:J8M(海軍) キ200(キ200)
初飛行:1945年
名称:秋水
製造:三菱
全長:5.95m 翼幅:9.5m 全高:2.7m 自重:-kg
兵装:

機首
翼内30mm機銃x2
後方旋回
側方旋回
胴体
翼下

乗員:1名
エンジン: 特呂二号ロケットエンジン -hp
最高速度: 800 km/h
航続距離: -km 5分30秒
上昇限度:-m

補足情報:

派生型:

考証:

使用部品:
1/48 ファインモールド製 FB19 帝国海軍局地戦闘機 試製秋水
1/48ファインモールド製 NC2 日本海軍機用シートベルト (キットに付属)
1/48 軍艦堂製 GM48xxx 試製秋水用 マスキングセット ファインモールド FB19用 1
真鍮線 0.2mm, 0.3mm, 0.5mm
銅線 0.3mm

製作年月:
2020年4月 製作

あとがき:

編集 鴣囃子裕二@軍艦堂 トップへ

試製秋水(初飛行時) 犬塚豊彦大尉試乗機 1945年7月7日 追浜飛行場

About Yujers

現在、新規工廠地探し中!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください