1/700 艦船模型大好き!! 全艦制覇目標@@ 

Facebook Twitter Gplus E-mail RSS

1/700 日本海軍 駆逐艦 巻雲


信号符字は調査中です。情報をお持ちの方はご一報ください。
巻雲(まきぐも)は、日本海軍の駆逐艦。一等駆逐艦夕雲型の2番艦である。艦名は敷波型駆逐艦「巻雲」に続いて2代目。
1939年度(マル4計画)仮称第117号艦として藤永田造船所で建造された。1940年(昭和15年)12月23日起工。1941年(昭和16年)8月5日同日附で一等夕雲型に登録された。1942年(昭和17年)3月14日に竣工。
主に南太平洋海戦、ガダルカナル島の戦い、第三次ソロモン海戦に参戦する。
1943年、ガダルカナル島からの撤退作戦である「ケ号作戦」に参加中、空襲、触雷にて航行不能となる。「夕雲」が曳航したが、船体に歪みが生じてきた上に浸水がひどくなって曳航困難となり、曳航索切断後、夕雲により魚雷1本を発射して雷撃処分となった。

GNU Free Documentation License.

性能諸元:
分類:駆逐艦
起工:1940年 就役:1942年 最終:1943年 ケ号作戦中触雷夕雲により雷撃処分
等級:夕雲型 2番艦
艦名:巻雲 高高度に出現する刷毛で刷いたような形状の白雲
排水量:基準排水量:2,077トン
全長:119.3m 全幅:10.8m
兵装:

竣工時 最終時(推定)
50口径12.7cm連装砲x3 50口径12.7cm連装砲x3
25mm連装機銃x2 25mm連装機銃x2
61cm4連装魚雷発射管x2 61cm4連装魚雷発射管x2
爆雷x18~36 爆雷x18~36

搭載機:なし
同型艦:
夕雲 | 風雲 | 長波 | 巻波 | 高波 | 大波 | 清波 | 玉波 | 涼波 | 藤波 | 早波 | 浜波 | 沖波 | 岸波 | 朝霜 | 早霜 | 秋霜 | 清霜

使用部品:
ハセガワ製 早波 462
真鍮線
ニッケルチタン線
0.5mm金属パイプ
フライホーク製 新素材張り線 FH100001
海魂製 リギング (揚旗索) H025
レインボーモデル製 信号旗セット Rb7062
海魂製 木箱ドラム缶セット H106
海魂製 艦名板 H111
海魂製 横桁、プロペラガード H055
海魂製 窓枠 H036
海魂製 陽炎型ディテールアップセット HH700001 準同型艦一部流用
海魂製 電探セット H015

塗料
MC219 BRASS
C32 DARK GRAY (2) 50% + C62 FLAT WHITE 50%
C41 RED BROWN
C44 TAN
C29 HULL RED
C33 FLAT BLACK
C62 FLAT WHITE
XF-2 FLAT WHITE 80% + XF-57 BUFF 20%
XF-2 FLAT WHITE
XF-1 FLAT BLACK
X-7 RED
X-28 PARK GREEN
XF-56 METALLIC GREY

模型作歴:
2018年1月14日 起工
新金型の夕雲型です。前回の夕雲に続き、夕雲型2番艦巻雲を作ります。ベースは本来夕雲の方が甲板上のモールドの修正が不要なので向いていますが、購入時、夕雲がなかったので(笑)早波をベースに製作です。
違いは、艦首前の機銃座がないのと、第二煙突前の機銃が三連装ではなく二連装であることです。
早波だと、改装後、電探、機銃の増備、艦尾の爆雷の軌条敷設、前檣形状といった違いが出てきますが、巻雲は生まれたままの状態で戦没してしまっています。
2018年1月21日 竣工

らくがき帳:

作例写真

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
Home 駆逐艦 1/700 日本海軍 駆逐艦 巻雲